クレジットカード現金化とは?どんな取引なの?

クレジットカード現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換金するというサービスになります。
元々クレジットカードというのはキャッシグ枠とショッピング枠とがあります。
そしてキャッシング枠を使用すると、カードによってお金を借りることができるのです。

しかし、キャッシング枠というのは、ショッピング枠に比べると利用額が少なくて、借り入れにおいても審査があります。

そこで、ショッピング枠の現金化をする方が多いです。
ショッピング枠現金化というのはショッピング枠を換金しているというだけですので、借金をしているわけではありません。

ショッピング枠現金化の利用手順は?

でもショッピング枠現金化というのはどうも難しそうだけど…
そのように思われるかもしれないのですが、ショッピング枠現金化の利用手順というのはとても簡単です。

というのも、公式なカード会社においてはショッピング枠の現金化はできないのですが、換金を専門にしている業者が多数あって、申込みをするだけでもショッピング枠の現金化をすることができます。

ショッピング枠の換金業者に対して申し込みをします。
換金業者の販売する商品をクレジットカードで購入し、購入金額に応じて指定の銀行口座へ入金していきます。
難しそうに思えるかもしれませんが、換金業者に申し込みをしてしまえば担当者がしっかりと説明してくれるのでとても簡単です。

ただし、ここで注意しなければならないのが、ショッピング枠分のお金が入金されるのかといえばそうではない、ということです。
このショッピング枠現金化というのは、換金業者を使って行いますので、どうしても手数料がかかるのです。

その手数料というのは利用額の20%ほどですので、10万円のショッピング枠を換金しても8万円程度しか受け取ることはできない、ということです。

使ったショッピング枠というのは最終的に返済しなければなりません。
ショッピング枠の現金化は最終的にはマイナスな部分ができるということを忘れないようにしてください。

現金化って結局損なの得なの?

現金化は得なのか損なのかというのはなかなか判断が難しいところです。
確かに現金の動きだけを見れば損をしてしまいます。
ただ、急な出費でお金が必要になる、というのはよくあるのですが、お金を借りようとした場合には審査を受けたり、なかなか面倒なものです。

しかし、このショッピング枠現金化なら審査もなくすぐに入金してもらうこともできるので、簡単に利用できスピードが違います。

コメント