クレジットカードの現金化と必要書類

クレジットカードの現金化において必要になるのが、身分証明証です。
でも、現金化をしたいものの、このような身分証を業者に対して渡しても良いものなのかと不安に感じる人も多いと思います。

クレジットカード現金化では、身分証の表面、裏面、顔のうつっている部分を提示しなければなりません。
しかし、身分証を渡すのがどうしても不安だという方もいます。
では、どうしてクレジットカード現金化においては身分証が必要なのでしょうか。

まずは身分証の種類についていくつかチェックしておくべきことがあります。
必要な身分証の種類についてご紹介します。
身分証が必要だとはいっても、色々な疑問が生まれると思います。

顔写真は必要なのか、1つで良いのか、などわからないことも多いと思います。
現金化を何度もしたことがあるのであればまだしも、初めてであればわからないことが多いのも当然です。

このクレジットカード現金化において必要になる身分証は次のようになります。
運転免許証、年金手帳、健康保険証、パスポート、個人番号カード、学生証、在留カードです。
公的に身分証であると認められているものであれば問題はありません。

また、複数必要だということはありません。
現金化を利用する時に準備できるいずれかの身分証、そしてクレジットカードを準備しておくようにしてください。

ではクレジットカード現金化において身分証が必要な理由についてご紹介します。

クレジットカード現金化で身分証が必要な理由

そもそも、クレジットカード現金化でどうして身分証が必要になるのかをご紹介します。
クレジットカード現金化によって身分証が必要になるのは、身分証の提示が法律で定められているからです。
そしてクレジットカードの不正利用を防止できます。

クレジットカードというのは実は非常に不正利用が多いものです。
例えば、クレジットカードを落としてしまった時です。
もちろんすぐに利用をストップすれば良いですし、暗証番号がなければ利用できないのでまだ良いです。

ただ、楽しくお酒を飲んだ後に、酔っ払ってクレジットカードを抜き取られてしまうことがあります。
さらに暗証番号まで聞き出されてしまい、なにも覚えていないうちに現金化され高額な商品を購入していたということもあります。

このような不正利用をなんとしても防がなければならないために、身分証の提示などが求められるのです。
万が一の時のために色々な策が講じられているわけです。

コメント