キャッシュバックによる現金化の仕組み

キャッシュバック式の現金化の仕組みについてご紹介します。
インターネット上に存在しているクレジットカードの現金化サイトの大半は、キャッシュバックによって現金化をしています。

キャッシュバックによって行われる現金化の仕組みですが、クレジットカードを使用して購入した商品に現金がついてくるというものです。
簡単にいえば、グリコのキャラメルとそのおまけのおもちゃのようなものです。
子供から見るとキャラメルよりもそのおまけを目的として商品を購入することが多いです。
それと同じで、キャッシュバックを第一に考えて、あくまでも購入した商品は不要でも良いということです。

キャッシュバックによる仕組み

キャッシュバックによる現金化は、即日現金化に対応しています。
利用停止のリスクが少ないですし、手間もかかりません。
手続きも簡単ですし、商品買取による現金化に比べると、商品の現金化業者に対して送る手間も無くなっているのです。

そのため利用者の手間も少なく簡単で、入金完了から10分くらいで入金されます。即日現金を手にすることができるというのは非常に魅力的なのではないでしょうか。
また、ネットバンクなら即日での現金化ができるので、24時間いつでも現金を手にすることができるんですよ。

また、換金性の高い商品を購入するわけではありませんのでクレジットカードの利用停止のリスクも低くなっています。
クレジットカード会社に支払を滞納したり、数百万円分の商品を一度にまとめて現金化したといったことがなければ利用停止になるようなことはありません。
安全面においてはキャッシュバック式による現金化が理想的です。

キャッシュバックによる現金化とデメリット

キャッシュバックによる現金化のデメリットはいくつかありますが、商品の買取と比較をした場合には換金率が低いというのがあげられます。
キャッシュバック式はクレジットカード決済を現金化業者のサイトで行いますので、店舗側が負担をしているクレジットカード決済手数料がかかります。
ほとんどの業者では5%前後かかります。
多額の現金化をするとなるとこの手数料が高額になります。

キャッシュバックによる現金化というのはメリットもあればデメリットもありますので、これから現金化をキャッシュバックで行うのであれば、その点について十分に理解しておくようにしてください。
そうすることで、より効率よく理想的な現金化をすることができますので、試してみてください。

コメント